あしすと健康アドバイスアシスト健康アドバイス

下痢の漢方治療(高知新聞 あしすと健康アドバイス 2012/6/25掲載)

蒸し暑い日が続いていますが、アイスクリームやビールの取り過ぎで下痢になっている方はいらっしゃいませんか?今日は下痢の漢方治療についてです。

一言に「下痢」といっても、原因はさまざまです。まず、感染症によるカゼからくる下痢です。ウイルス性胃腸炎などが典型的です。

次に暴飲暴食が原因となっておこる下痢。ビールやアイスクリームの取り過ぎでおこるのはこのタイプです。

その他、精神的なストレスや緊張から起こる下痢もあります。また、もともとお腹の弱い「脾胃虚弱(ひいきょじゃく)」の人に起こる下痢がありますが、このタイプが一番多いと思われます。

最後に、病後の人や高齢者、虚弱体質の人など「腎陽虚弱(じんようきょじゃく)」の状態の人に起こる下痢があります。

いずれのタイプにしろ、暴飲暴食や特に冷たい物の取り過ぎは厳禁です。下痢が続くと栄養が十分吸収できず、体全体のパワーが落ちてしまいますので注意してください。