あしすと健康アドバイスアシスト健康アドバイス

「生理痛」の漢方治療①(高知新聞 あしすと健康アドバイス 2013/2/4掲載)

生理痛に悩む女性は多いですが、その原因は子宮内膜症や子宮筋腫など目に見える異常によるものや、諸検査では異常の認められないものもあります。生理痛は患者さんの自覚症状が強く、生活の質が大きく損なわれることもあり、治療が必要となるケースが多々あります。

漢方的に生理痛の原因を考えてみましょう。ひとつはストレスなどで「気」の巡りが悪くなり、その結果「血(けつ)」の巡りが悪くなることによって起こるケースです。

次に、冷えによって「気」「血」「水(すい)」の巡りが悪くなることでおこるケースがあります。

漢方では「不通則痛(ふつうそくつう)」と言い、「気」「血」「水」が通じないと痛みが生じるという考え方があります。これは、生理痛以外の様々な痛みにも共通して言えることです。

これらの治療は、「気」「血」を巡らせる漢方薬や、温めて冷えを取り除くことで「気・血・水」を通じさせる漢方薬を使います。

次回は違うタイプの生理痛について説明します。